不撓不屈の麦

今回の記事長いです。

しかも飼い主、寝不足の頭でぼーっとしながら打ちこんでいるため
話があっちに行ったりこっちに行ったり読みにくいかもしれませんが、
ご了承下さいませm(_"_)m

ムギ日記

前々回ムギの食欲がないと記事にしましたが、
実はその後も食欲が戻ることなく
むしろほとんど何も食べなくなってしまったので
近所の病院に血液検査にいったところ
なんとBUNが130オーバー(測定不能)
クレアチニンが4.8、リンも11まで上がってしまっていました。

慌てて検査結果を電話でムギの心臓の担当医に伝えたところ
うちならすぐに三日間の入院点滴しないといけない状態。と言われたのですが、
お家ですらヒトリになれないムギの性格上は勿論、
夜間無人になることなどを考えると
入院させるなんて絶対無理と思ったので、
入院はできませんと断って、近所の病院の先生と相談して
通院での皮下点滴と吐き気止めの注射で様子をみてみることに。

とりあえずBUNを下げることを最優先にしないといけないので
心臓のお薬もその日から一時的にストップ。

ムギ日記
通院初日のムギ

ムギ日記
通院二日目のムギ



その後、数日点滴に通いましたが、
薬をやめているし、心臓のことを考えると肺水腫が怖いので
普通のコのように思う量を点滴で入れることもできないなか、
食欲も戻らず、良くなってきている様子もなく
三日目には呼吸も早くなってきていたので先生にこれ以上点滴を続けるのは
肺水腫が怖いからとストップがかかってしまいました。
そして「ここでこのままこの治療法をしても厳しいと思います。」と
さじを投げられてしまいました。

ムギ日記
通院三日目のムギ

でもこの先生すごくいい先生で、
途方に暮れている私の相談に色々乗ってくださって、
色々話を聞いて下さりました。
で、その結果いつもの病院(心臓の専門病院)で容態が悪いので
怖いけど一か八か入院点滴するしかないというようなことを言われ
私もそれしかないと覚悟を決めて、そして何よりもムギを信じて
次の日(この日は休診日だったので)いつもの病院に連絡しました。

電話口で食欲が戻らないこと、点滴していても
思うような回復ができていないことを伝えると
場合によっては入院もお断りするかもと宣言されたけど、
とりあえず検査して結果でどうするか決めようということで
病院へ。

ムギ日記
出発直前のムギ

病院に着いて先生に血液検査の結果を見せると
「今朝もこの数値と同じコ亡くなっちゃったんですよね」と言われ固まる。
しかも聞いていないのに「高齢で、、16歳のコだった」と言われ更に固まる。
なんで今そんなこと言うの!?と思ったけど、
遠回しにそれだけ厳しい状況ということを伝えたかったのかな。。

その後検査に連れていかれたムギの回復を必死で祈りながら
いざという時はもう連れて帰ろうと決めて待つこと数十分。

検査室から出てきた先生からまず第一声
「ムギちゃんいけそう!」と嬉しいお言葉。
この日の検査結果は前回数値が振り切れるほど高かったBUNが84、
クレアチニン2.2(それでも驚きの高さだけど
リンに至っては基準値内の3.3まで下がっていました


私、人前で泣いたりするのは嫌いなんですけど(可愛げがない女
この時ばかりは込み上げてくるものを抑えられませんでした。

そんな私に先生が「ムギちゃんが諦めてないよ!」と
喝をいれてくれました。

そして更に嬉しいいことに、入院は出来なくても朝から晩までの通院点滴の為に
病院近辺に泊まって通院しよう(自宅から病院はちょっと遠い)と思っていたけど
自宅での皮下点滴で様子をみようということに。

その後点滴のやり方をレクチャーしていただき、
その日の分の点滴を実際入れさせてもらいました。

家を出る時は不安でいっぱいだったけど、
なんとかムギと一緒に帰ることができて幸せを噛みしめる。

でもなかなか食欲は戻らず、、

先生には点滴している間は無理に食べさせなくても大丈夫と
言ってもらえたけど、やっぱり口から食べ物を摂ることは大切なので
なんとか無理のない程度で食べさせたい。

・・・体重も1.9Kgまで落ちてしまいました
(ムギ的ベスト体重2.6Kg、ピークは2.9Kgありました。)

そして日曜日、
ダメ元でとりあえず好物の焼き芋を差し出してみると

ムギ日記
アッ

ムギ日記
オイシ~(すごいお顔ですが必死に食べてるところ

食べたm(;∇;)m

あまりにも食いつきがよかったので、
もしかしてとそのまま差し出したら
ムギ日記
カジッチャウ~

しかしスタートダッシュは凄かったけど、
やはり量はそんなに食べれず

でもこんな姿を見られただけで感無量


ひとつの大きな山は乗り越えれたとはいえ、
数値は高いし、ご飯もまだ量は全然食べれてないし、
何より心臓のお薬をストップしているので
そっちも怖くて気が気でない。
しかもどこか痛いのかしんどいのか
なかなか落ち着いて寝ることができない様子で
(勿論お付き合いさせて頂いているので飼い主も寝不足の極みです。)
まだまだ心配事と不安事は尽きません。

そして今日も病院です。

ムギ氏、今とっても頑張ってくれています。


多くは望みません。
とにかくムギが穏やかに過ごせて
グッスリ寝れますように。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

kao☆ri

Author:kao☆ri
大阪でロングコートチワワの麦と暮らしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
ランキング
↓地味に参加してみました。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
現在の閲覧者数: